インタビュー

スペキュラティヴ・デザイン×バックキャスティング
アートとテクノロジーの邂逅考えるためのデザイン

「スペキュラティヴ・デザイン」という言葉を聞いたことがあるだろうか? とりわけ未来志向のプロジェクトに向く概念だとしてビジネス界でも注目されつつあるが、実態はあまり知られていない。 スペキュラティヴ・デザイン提唱者アンソニー・ダン氏に師事し、テクノロジーと人がかかわる問題をテーマとする作品を手掛けるアーティストの長谷川愛氏に話を聴いた。

<緊急特集>お金×バックキャスティング
お金はこれからどのように変化していくのか?<緊急特集>お金×バックキャスティング

令和の発表と同時期に政府・日銀は2024年度前半に千円、5千円、1万円の各紙幣(日本銀行券)を一新すると発表。 キャッシュレスが拡大するなかで、現金はどうなっていくのか?お金の概念はどう変わっていくのか? 国内外で通貨処理機器シェアNO1のグローリー(株)の経営企画 丹羽氏にお金の未来を訊く。

テレワーク×バックキャスティング
時間対効果の探求遊ぶように働くためのレシピ

全社員テレワーク、コアタイムなしのフレックスタイム制、経費精算に上司の決済不要など、株式会社ソニックガーデンの仕組みは実に個性的だ。創業者で代表取締役社長の倉貫義人氏は大手システム会社でエンジニアとして勤務したのち、MBOでソニックガーデンを興した。1月に出版した著書『管理ゼロで成果はあがる』も話題の倉貫氏に、そのユニークなマネジメント術について語ってもらった。

シビックテック×バックキャスティング
市民が創る街の未来多様な課題との向き合い方

地域社会をより良くしたいと思わない人はいないだろう。 昨今は地方創生や地域活性のための予算を確保する動きも活発だ。 しかし、問題がある。「より良い」とは何なのか、答えが一つではないことだ。 多様なステークホルダーが多様な思いを抱えているなかで、いかにして地域の未来を描くべきか。 一般社団法人コード・フォー・ジャパン代表理事で、 神戸市チーフ・イノベーション・オフィサーの関治之氏に話しを聞いた。

SDGs×バックキャスティング
企業の存在意義を再定義未来の事業戦略にSDGsの視点は不可欠

2050年脱炭素宣言を受け、今再びその重要性が求められるSDGs(Sustainable Development Goals)。しかし注目を浴びながらも、これを実装できている組織や企業は多くはないのが実情だ。一筋縄ではいかないSDGs推進について、企業はバックキャスティングを使ってどう取り組むべきか、「SDGs for School」を推進し、その教材としてビジュアルブック『未来を変える目標 SDGsアイデアブック』を編集・発行した一般社団法人Think the Earth理事の上田壮一氏にお話を伺った。

新規事業×バックキャスティング
未来学3.0の時代ファンクショナルなビジョンの必要性

新規事業開発とは会社の未来を作ることだ。未来は明るい方が良いに決まっているが、そこに至る道は平たんではなく、多くの企業が頭を悩ませている。どうすれば会社の未来に貢献する新規事業を立ち上げることができるのか。未来学の専門家であり、イノベーション創出支援等を行う株式会社IF代表取締役でもある小塩篤史氏に話を聞いた。

アイデアプラント 代表 石井力重

アイデア創出×バックキャスティング
過去と未来から「いま」を見る感情・創造・意思決定の時代へ

私たちは常に斬新でユニークなアイデアを求めていると言っても過言ではないだろう。しかし、ビジネスに有用なアイデアを生み出すのは簡単ではなく、どれだけ考えても出てこないときはまったく浮かんでこない。優れたアイデアを出すコツはあるのだろうか。そもそもアイデア出しは誰にでもできることなのだろうか。アイデア創出支援の専門家として活躍する石井力重氏に、アイデア創出の極意を訊く。